レッツ スタディ アバウト tatami!!

2016年12月14日
5日で5000枚の約束。
http://tataminoyakusoku.net/でお世話になっている畳屋さんから、ご紹介いただいたお客様。
(前田さん、ありがとうございます!)

メールでご連絡するのもドキドキでした。なぜなら…アメリカ人の方だからです!!
窓口になった妻は、スマホの英訳アプリ片手にメールをやり取りしてくれました(笑)

そして打ち合わせの為に当店へお越しくださいました。

お客様は彼女さんとご来店。彼女さんは英語の先生ということで、ちょっと日本語が分かるとのこと。カタコトの英語とカタコトの日本語でレッツ、スタディー アバウト tatami!

日本文化に興味のあるお二人でしたので、こちらが話せば必ず質問してくれるし、お互い翻訳アプリを使用しながらの会話でしたが、何度も笑いが起こるような会話ができました!!
畳の販売というより、畳について講義しているような時間だったな〜。


 レッツトライ くるみボタン!

様々なサンプルの中から使用材料も決まり、ご来店の記念に、畳縁でくるみボタン作りの体験をしてもらいました。
外国人の方はノリがいい!!ここでも大爆笑しながら、それぞれ好きな柄(ダルマや蝶に花柄etc)でくるみボタンを完成!

 楽しいひと時でした(´∀`)

最後は、サンプルの畳表を刀に見立ててサムライポーズ!

ヤッーー!!!


そしていよいよ、畳ができあがり、納品へ!

大都会のビル群の中にある高級マンション。

ビル風に煽られながら必死に畳を運んでいます(笑)

 この日は特に風が強く、慎重に運びました!
 
見晴らしの良い大きな出窓には、日本らしい小物が並び、こたつもあり、本当に日本が好きなんだなぁと感じるお部屋でした。

そこへ畳を敷くと、あっという間に和の空間に!

 ここにMUJIのコタツを置いてお正月を迎えるそうです(´∀`)
 
今回は、今後引っ越すということもあり、基本の形でお作りしました。

どこへでも持って行けるように軽量な畳床に、ふわっとした感触のクッション材を間に挟みこみ、当店オススメの吉田さんの畳表の特ランク!(お客様が1番キレイとお選びいただきました。)
トラディショナルな畳を希望でしたので、無地の畳縁をチョイス!今色No.10 利休鼠

最後に、お客様のお家にいた、和風総本家でおなじみの豆助くん(人形)をモデルに記念撮影させてもらって、無事終了!

A様、良いお年をお迎えください。
ありがとうございました(*´꒳`*)

今後も翻訳アプリを使いながらですが、ご希望に叶う畳を提供していきたいと思います。(もう少し英語話せるようになりたい…)

〒120ー0003
東京都足立区東和3-6-7
TEL・FAX  03(3605)6285
営業時間8:00~18:00
東京・足立区で畳のことなら東和小川畳店
tatamiglam -タタミグラム-贈り物やプレゼントに畳の蝶ネクタイ・おしゃれグッズ
Email info@ogawatatami.com 
     info@tatamiglam.com

関連記事

  1. ☆ワークショップ 2/12☆

  2. 畳縁×和雑貨×ディズニー!!

  3. 春☆リフォームしたい季節

  4. 充電完了!

  5. 選んで楽しい畳縁!

  6. JAPAN MATERIAL EDITHON