畳の表面に使われているのはい草という植物です。これは食べることができるくらいのものです。植物であるい草には、空気中の二酸化窒素を吸収して室内の空気を浄化する作用がああるといわれています。そして、い草の爽やかな香りはアロマセラピー効果があり精神を安定させると言われています。
また、嫌われ者だったい草についている染め土は遠赤外線を発散し生活する人の健康を増進する効果があると言われています。
昔から言われていることですが、梅雨から夏にかけての高温多湿な時期に畳は目に見えないところで部屋の湿気を吸収し、秋から冬にかけての乾燥する時期には畳から湿気を放散して湿度を調節するだけでなく同時に室内の温度を調節しています。これはい草という天然素材を使った畳特有の機能で、この素晴らしい自然の働きが日本の四季に合致し、一年を通じて健康を支えてくれています。

 そんな天然素材の畳ですから、当然ながらメンテナンスを怠れば、カビなどが生えやすいのです。

畳のメンテナンス・リニューアル ご相談ください!

 小川畳店では、厳選の自然素材を使用した本格畳・ フローリングにあうカジュアルタタミまでをご用意。
材料「イグサ」にはとことん拘りを持って仕入れをしています、お客様にはいつも良い素材で商品のご提供をさせて頂きます。
古くから日本人に親しまれているタタミの素材「イグサ」を使った新感覚の商品から、伝統の和畳までご要望に応じてお客様のご納得いく商品を販売しております。