あなたのわがまま叶えます!東京都足立区東和の小川畳店

画像:足立区東和の小川畳店画像:足立区東和の小川畳店
画像:東和小川畳店 お問合せ画像:東和小川畳店 お問合せ

畳のダニを防ぐには?

画像:ダニを防ぐ
ダニの発生もカビの発生も「湿気が原因」です。さらに、ダニの場合は、適度な温度とダニの餌になる食べ物があることがその原因です。
ダニの場合、死骸でもアレルギーの原因となりますから、ダニの食料をはらい死骸を除去するためにこまめに掃除をしましょう。そして、畳がいつも乾燥している状態に保つようにしましょう。窓を開けての室内の換気や、年に1、2回の天日干しが非常に効果的です。
もし万が一、ダニが発生してしまったら、次の方法が効果的でしょう。

乾燥機

畳専用の乾燥器があります。
畳を入れて温度と乾燥で畳床の中に潜り込んでいるダニを駆除するのです。
しかしこれは、お部屋の状況が改善されなければ元に戻ってしまいます。
畳が乾燥した状態に保つように室内の換気と乾燥を心がけましょう!
畳の乾燥に関しては、東和小川畳店でも承っておりますので、お気軽にご相談ください!

防虫紙

それでも現在認証されている薬品をしみ込ませた防虫紙を畳表の下に敷きこむことができます。
ただ、シックハウス対策の観点からするとあまりオススメはできません。
ひとつの選択肢としてお考え頂ければと思います。

畳床の交換

手っ取り早く、畳を交換するのもひとつの手かも知れません。
藁床(わらどこ)は昔からの伝統的な本来の畳です。吸湿性があり、お部屋を快適に保ってくれるはずなのですが、現代の住宅は非常に高気密なため、畳に負荷がかかってしまうことも否めません。
湿気を吸った畳と快適な温度のお部屋はまさにダニの発生にも最適な場所になってしまいます。
そのような場所でも大丈夫な高性能の畳も開発されていますので、是非そのようなご相談も、当社、東和小川畳店にご相談ください。

畳のカビを防ぐには?

画像:カビを防ぐ
カビの発生は、ダニ同様、室内の湿度が原因です。
たたみは、経糸(たていと)に麻糸や綿糸を使い横糸に、い草という草でおられています。
天然繊維ですので畳が湿度を吸ってくれるため、一定の調湿効果があります。
「調湿効果」というのは、湿度が高いと湿気を吸収して、湿度が低いと湿気を出す。という意味です。畳にカビが生えるということは湿度が高い状態が続いているということです。
現代の住宅は非常に高気密になっていますので、意図的に換気をおすすめします。さらに加えて、年に1、2度は畳を干すことをおすすめいたします。
万一、カビが発生したら、日向で干し、ブラシなどで丁寧に落としてください。
さらに消毒用アルコールで拭き、よく乾燥させると効果的です。

畳の色味

い草の色

畳表に使われているい草は、その色味は産地や品種によってさまざまです。
一概によい畳の色味と呼ばれる条件は、色むらが少ない事です。
画像:市松表
い草は1m50cmほどに成長しますが、そのうちもっとも色味がいいのが真ん中の部分といわれています。い草は長い程、質がいいといわれますが、これはこの色味のいい部分が長いからです。根本の色は淡く黄色みがかっていて、先端も色が薄かったり赤く変色していたりします。
この場所によって異なる色味を利用して織られた、市松織と呼ばれる畳表もあります。い草の緑色と根本付近の淡い黄色の部分が数本づつ交互に織られて市松の模様ができるのです。色が淡いのは根本の部分だけですから、中央にいくにしたがって市松の模様は薄れ、普通の畳の色味となります。

経年変化による畳の色

畳は新品のときは青々していますが、年月がたつにつれて黄色へと変色していきます。
この変色の度合いは当然、使用状況や部屋の環境によって様々ですが、特に日の当たる部分は早く変色します。そのため家具がおかれて日の当たらない部分は青く残っていたりしますよね。
画像:竜鬢
また、い草の部位によっても変色の度合いは異なります。
先端や根本の方が早く変わりますので、畳の両端の部分が中央に比べてやや黄色気味になることがあります。
畳表の中には、この変色した色をわざわざ取り入れたものもあります。「竜鬢(りゅうびん)」と呼ばれるものがその一つですが、生産工程の中で変色させるので、色むらの無いまさに黄金色の畳表になります

染色と染土

製造工程で色味に関わるのが、染色と染土です。
染色は色むらを無くし、発色をよくする為に行われるのですが、販売時・納品時の色味はよくても、経年変化によって、2、3年でもとの色むらが表れてきたりします。基本的に弊社で扱う畳に関しては天然の色のものをおすすめしております。
染土は着色を目的としたものではなく、乾燥を早め、い草が本来持っている色を安定させる為のものです。

見る方向によって変わる畳の色

画像:市松敷
畳の色は見る方向によっても、大きく色味が変わります。
畳の目と平行な方向から見ると明るく、垂直な方向から見るとい草の織の山によって反射が遮られ、暗く見えます。この方向によって異なる見え方を利用したのが、市松敷です。
琉球畳など縁なしの正方形の半畳を方向を90度づつ変えて敷き詰めると、全体に市松の模様が浮かび上がってくるのです。おなじみですよね!

カラー畳

実はこんな畳もあるんです!

画像:東和小川畳店お問合せ画像:東和小川畳店お問合せ
 
 
画像:実はこんな畳もあるんです画像:実はこんな畳もあるんです
 
画像:畳の交換時期ってどのくらい?画像:畳の交換時期ってどのくらい?
 
画像:畳ってどのくらいのお値段なの?画像:畳ってどのくらいのお値段なの?
 
東和小川畳オフィシャルフェイスブック東和小川畳オフィシャルフェイスブック
 
画像:東和小川畳店 WEBからのお問合せ画像:東和小川畳店 WEBからのお問合せ
 
畳屋さんのグループ健康畳店会畳屋さんのグループ健康畳店会