畳店のハンドメイド。
tatamiglam

 

日本の文化、畳。
畳の材料である畳表(たたみおもて)と畳縁(たたみべり)で製作した雑貨を販売しています。
東京・下町にある畳店が2014年に畳縁で蝶ネクタイを製作し「tatamiglam」を立ち上げました。
日本国民全員が肌に触れて、その品質を確かめている貴重な素材を、新しいアイデアで生まれ変わらせました。
畳屋だからこそ、新しいシーンに畳材料を使ったアイテムを投入したい。畳のヘリはおしゃれな柄がたくさんあるということをもっと幅広い年代の皆様に知ってもらいたい。
そんな思いから、畳表や畳縁の特徴を活かしたアイテムを作りました。
tatamiglamの商品には、1つとして同じデザインはありません。すべてに異なる留め方、異なる加工、異なるデザインと、お客様の喜ぶ姿を想像しながらハンドメイドというこだわりを持って製作しております。

 

tatamiglamのサイトはこちら