ものづくり体験ワークショップ

先日開催された足立区とあだちブランドyouth主催の「ものづくり体験ワークショップ」に出展させていただきました。

今年で2回目のこのワークショップ。

・児童養護施設で暮らす子供達

・ひとり親家庭の子供達

・学習支援施設で学習している子供達

を対象にしたクローズドのワークショップです。

小川畳店は、「ミニ畳づくり」「ヘリで作るくるみボタン」「いぐさの石けん作り」で参加させて頂きました。

今回は足立区の子どもたちだけのワークショップだったにもかかわらず、都内の他区からお手伝いに来てくれた「高岡屋常川畳店」の泰平くんと「西田畳店」の西田くん。石けん作りのワークショップを快く引き受けてくれたあきちゃん。受付だけの為に遠くから来てくれたみゆきちゃん。あだちブランドyouthとして一緒に出展してくれた野村畳店さん。

私たちだけでは、こんな色々なワークショップをいっぺんに出展するのは無理でした。

みんなが「様々な環境に身を置いている足立区の子ども達の為に」というところで賛同してくれて力を貸してくれたからできたことです。

本当にありがとうございました。

そして、当店のブースだけでなく会場全体が子ども達の笑い声や歓声で溢れていて、本当に嬉しかったです。

真剣な眼差しでものづくりに集中する子ども達。誰かの為に作る子。こちらの想像を遥かに超えた発想力を持った子。職人のような手つきですぐにでもスカウトしたくなる子や全部自分の力でやり切ろうとする子。同じ石けんを作っているのに同じ形は1つとしてない子ども達のものを作る力にずーっと感動しっぱなしでした。

昨年に続きこのような場を作ってくれた足立区産業振興課の皆さま、当日ボランティアでお手伝いに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。

そしてあだちブランドyouthの皆さま、本当にお疲れ様でした!

これからも続けていけるといいなと思っております。

関連記事

  1. 素敵なご縁〜!

  2. モノ・マガジンに足立ブランド特集

  3. デザイナーズ障子

  4. あだち広報に掲載されました。

  5. ニュースレター作成中!

  6. 春☆リフォームしたい季節